歌舞伎「勧進帳」で全国に知られる安宅の関。
800年の歳月が流れた今も日本海をのぞむ松林の中、ひっそりと関址の石碑が立ち、義経・弁慶と関守富樫の銅像が潮風を受けて訪れる人に往時のロマンを語っています。
敷地内には往時の資料を展示した安宅関所館やレストハウスなどが整備されています。
まつ家からは歩いて3分のところ。松林と、目の前一杯に広がる日本海の潮風に吹かれてみませんか。
すぐそばにある安宅住吉神社には、歌人与謝野晶子が
夫鉄幹と参拝したおり、往時に思いをはせた
三十余首の短歌が残され、境内には歌碑もあります。

9月7日〜9日
安宅住吉神社於


9月初旬、安宅の町は祭り一色になります。
店の玄関を幔幕で飾り、大漁と無事を祈ります。
中庭から望む花火は川面を照らし
私たちを魅了します。
このまつりの時期にぜひお越しいただき“まつ家”を存分に味わい下さいませ。

 


安宅の関・名代近海料理 料亭 まつ家
〒923-0003石川県小松市安宅町ワ-30
ご予約電話0761-24-3800(代)/ FAX0761-24-3804